下野シネマガイド

ゲド戦記

(C)2006 Studio Ghibli・NDHDMT
2006年  日本  

アースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始めた。そらからは、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなど異変が起こり始めた。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出る。

[製作年]2006
[製作国]日本
[監督]宮崎吾朗
[脚本]宮崎吾朗/丹羽圭子
[音楽]寺嶋民哉
[声優]岡田准一/手嶌葵/田中裕子/香川照之/風吹ジュン/内藤剛志/倍賞美津子/夏川結衣/小林薫/菅原文太
[INTRODUCTION]『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』。ジブリの最新作で、監督は宮崎吾朗。 脚本は、宮崎吾朗とジブリ作品『海がきこえる』の丹羽圭子が共同で執筆。音楽は、『半落ち』など多くの話題作を手がける寺嶋民哉が担当している。主題歌、挿入歌を歌うのは、圧倒的な歌唱力を持つ新人・手嶌 葵(てしま・あおい)。挿入歌「テルーの唄」は、萩原朔太郎の詩「こころ」をもとに宮崎吾朗監督が作詞し、谷山浩子が作曲している。主人公のアレン役には、『花よりもなほ』の岡田准一。ヒロインであるテルー役には、主題歌、挿入歌を歌う手嶌 葵。ゲド役には『千と千尋の神隠し』の釜爺役も記憶に新しい、菅原文太が担当している。そして、田中裕子、風吹ジュン、小林薫、夏川結衣、香川照之、倍賞美津子ら豪華キャストが脇を固めている。
[STORY]荒れる海、暗雲の中から突如、二匹の竜が現れる。二匹は共食いをしていた。西の果てに棲む竜が、人間の住む東海域に現れ、しかも食い合うなどあってはならぬことだった。世界の均衡が崩れつつあったのだ。ハイタカは世界に災いをもたす源を探る旅の途中だった。山羊飼いの少年だった彼は、今や壮年となり、世界でもっとも偉大な魔法使い、「大賢人」と呼ばれていた。旅の途中、彼はエンラッドの王子アレンと出会う。父王を刺し国を出た少年は、「影」に追われていた。人の頭を変にする災いの力はアレンの身にも及んでいたのだ。農民が土地を捨てたいくつもの廃墟、ホート・タウンにたどり着く。多くの人でごったがえす街では、職人は技を忘れ、売られているものはどれもまがい物ばかり。奴隷の売買も行われていた。探索を進める二人は、ハイタカの昔馴染みであるテナーの家に身を寄せる。かつてテナーは少女の頃、アチュアンの暗黒の墓所を守り続けていた巫女であり、ハイタカがそこからエレス・アクベの腕輪を奪還した際、彼によって自由と光の世界に連れ出されたのだった。そして、彼女の家には、顔に火傷の痕の残る少女テルーが住んでいた。アレンの影への恐怖はつのり、影に追われる夢にうなされるようになる。ハイタカは、クモという魔法使いが生死両界の扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出すのだった。
[CASTING]●岡田准一(アレン) ●手嶌葵(テルー) ●田中裕子(クモ) ●小林薫(国王) ●夏川結衣(王妃) ●香川照之(ウサギ) ●倍賞美津子(物売り) ●風吹ジュン(テナー) ●菅原文太(ゲド)
[原作]アーシュラ・K・ル=グウィン
[主題歌]手嶌葵
[配給会社]東宝

MOVIX宇都宮

宇都宮市インターパーク6-1-1
FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店内
TEL:050-6865-3235
【MOVIXデイ(毎月20日)1,200円】
栃木
15:10/20:10

TOHOシネマズ宇都宮

宇都宮市陽東6-5-1 ベルモール内
TEL:050-6868-5028
【TOHOシネマズデイ(毎月14日)1,200円】
栃木
9:30/18:15

シネマハーヴェストウォーク

小山市喜沢1475
おやまゆうえんハーヴェストウォーク内
【毎週火曜日は休館】
TEL:050-3196-9000
栃木
12:20/15:00

ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが

足利市大月町3番地2
アシコタウンあしかが内
TEL:0570-073-828 <オペレータ受付時間:全日9:00~21:00>
栃木
9:15/14:40/20:20

109シネマズ佐野

佐野市高萩町1340番地 フェドラP&D SANO内
TEL:0570-019-109
【109シネマズの日(毎月10日)1,200円】
栃木
15:10/20:35

フォーラム那須塩原

那須塩原市豊浦字豊浦12-1
ビバモール那須塩原敷地内
TEL:0287-60-7227
栃木
11:25/15:55/20:30